企業看護師で採用される方法

→看護師求人サイトランキングはコチラ

企業看護師をしたくても、なかなか求人はないです。そんな中でも保健師免許があると、相当有利です。特定保健指導というものが、大体的に始まっています。なので企業は看護師免許だけの人よりも保健師免許も持っている方を採用しようとしています。実際最近、採用になった企業看護師は、看護師に加えて保健師免許を持っている人ばかりです。

企業看護師の就職は、空きが出たタイミングが重要なようです。実際の企業看護師に話を聞くと、急な求人で就職に成功した人が、圧倒多数。ハローワークでたまに出ている場合もありますが、企業看護師の求人が出るとすぐに希望者が殺到し、すぐに埋まってしまいます。加えて、看護師の転職支援サイトに登録して、企業看護師の求人が出次第、コンサルタントにすぐ、連絡してもらうくらいでないと、いけません。自らもサイト検索で、一日最低月3回は見た方がいいですよ。加えて未だ景気が回復しないせいもあって、人材雇用は控えられています。企業看護師も例外ではなく、企業看護師の正規採用は少なく、あっても非正規がちらほらです。

極論を言うならば、看護大学に編入して保健師資格を取るという選択肢もあります。ですが、保健師免許は持っていなくても、面接の際に、産業カウンセラーなどを取りたいと、ポテンシャルを見せたれば採用されるケースもあるみたいです。そこへパソコンのスキルがあれば、採用につながりやすいです。wordとExelは、表計算やグラフができるくらいのレベルは欲しいです。

うつ病や自殺者の増加が止まりません。企業もメンタルヘルスに力を入れていて、産業カウンセラーなどの資格があると、採用になりやすいみたいです。あまり有名でない企業で、産業保健の部署の立ち上げり関わるのもアリです。産業保健推進センターでの、研修に参加したりして知見を深め、自らその企業の産業保健を作って行くのです。そういう場合は、企業の健康管理室で1人の職場勤務になります。孤独に弱いタイプならば、やめておいたほうがいいでしょう。企業看護師の求人を見つけられた時に備え、研修を受けて知識を得ておくのも一つのやり方です。

労働安全衛生法の関連の資格もプラスになります。労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成と促進を目的とする法律です。企業看護師も職場環境のために居るのですから、この資格を持っているのがアピールできれば、かなりの強みです。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師