企業看護師に臨床経験は必要!?

→看護師求人サイトランキングはコチラ

新卒あるいは転職で看護の仕事を探す時、最も多い求人は病院やクリニックなどの医療機関ですが、他にも介護老人施設、幼稚園、学校、企業の診療室などがあります。職場環境や業務内容は、勤務する場所や担当する診療科目によって異なります。病棟勤務では日勤だけでなくシフト制を組んで夜勤を担当しなければなりませんし、急救担当となった場合には残業も日常茶飯事となります。しかし、心身共に余裕の持てる職場を希望するのであれば、企業看護師を選択するという方法もあります。

求人の条件は募集する企業の規定によりますので様々ですが、募集条件のうち企業看護師の臨床経験について気になっている人も多いことでしょう。必須条件となっていない案件も多いのですが、要経験としている場合の理由として考えられることは、一般企業の診療室などでは雇用するスタッフの人数が限定されていることから新人を教育するシステムが整っていない、製薬会社の開発要員の募集といった場合には自社の製品やサービスの向上に経験を活用したい、などの理由があります。

さらに、あると有利になる技術や特性として、パソコンの知識を駆使した事務処理能力が挙げられます。企業看護師は病棟勤務とは違って病気にかかっている患者のケアをするということはあまりなく、社員の健康管理・向上が主な業務となっていますので、データの管理をマメにできる能力がある人は重宝されるのです。そして、社員との信頼関係を築けるコミュニケーション能力があれば、社員の体調の変化に機敏に反応することができるというわけです。

待遇としては、休日は企業のカレンダーに準じますので週休2日、夏季・年末の長期休暇があり、有給休暇もあります。定時退社ができ夜勤もありません。会社員と同等の待遇となりますので、継続勤務がしやすい環境であると言えます。このような環境に不向きな人がいるとすれば、患者に接する機会がほぼありませんので、スキルや経験値のアップを希望する人には物足りなさがあるという点です。このような特色を理解した上で求人活動をすれば転職に成功できるでしょう。

企業看護師の臨床経験に対する重要度は応募してみなければわかません。転職情報サイトを通じて応募した場合には、コーディネーターが企業側が求めている人材像について詳しい情報を持っていますので、仮に経験値が低い場合でも企業側との折衝によって採用されるケースも少なくありません。個人の力では限界がありますので、看護師に特化した転職情報サイトの利用も視野に入れて転職活動をするとよいでしょう。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師