企業看護師のデメリット

→看護師求人サイトランキングはコチラ

どんな仕事もそうですが、良い部分もあれば悪い部分もあるものです。良い部分が魅力的なのも大切ですが、悪い部分を自分の力などでどうにかすることができることも非常に重要になってくると言えるでしょう。看護師では特にそのような特徴が強く見られることがあります。看護師として職場のデメリットに対する対応も必要な能力になってくると言えるでしょう。

一般的に働くことによるメリットが大きいと言われる企業での看護師ですが、やはりここにもデメリットがあると言えるでしょう。そのうちの一つは、企業の方針によって大きな差が出てしまうことがあるということです。これは主に仕事内容に影響してくることですが、しっかりと職場を選ばないと自分が興味のある内容ではなく、あまりやりたくない仕事になってしまうということもあります。これでは長期的に働いていくことは難しくなってしまうでしょう。また給料などに影響してくることもあります。いきなり多くもらえるのか、それともあまり多くもらえないのかは後々響いてくることでしょう。

次のデメリットとして看護師としての責任があります。これはメリットと表裏一体の面がありますが、下手をすると自分に対して過剰なプレッシャーがかかってしまい、デメリットとして一番大きなものになってしまうこともあると言えるでしょう。看護に関して相談できる人がいないことも決して珍しいことではないと言えます。看護師ではなくほかの専門職の人に相談するということができる場合もありますが、看護師としての助言をもらうには自分なりの工夫が必要になってくることが多いです。

看護師としての専門性を生かしていくことが大切ですが、表面的にみると、いわゆる看護師の仕事というイメージではなく、ほかの職業が行うようなイメージの仕事ばかりになることもあると言えるでしょう。自分自身の中で専門性を見出す工夫や、しっかりとした自覚を持ち続けることが大切です。意外とこれが難しいようで、だんだんと看護師としての自信をなくしていってしまう場合もあると言えます。そのためデメリットのひとつに数えることができるかもしれません。中にはこのような職場だからこそ個性を生かせるという人もいることでしょう。

いわゆる患者さんが相手ではないので勝手が違ってきます。経験がある人ほど違和感を覚えてしまうことでしょう。これもちょっとしたデメリットと言えるかもしれません。ただ、企業に就職しようと考えている時点である程度予想ができることなので、それほど大きな影響があるということは少ないです。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師