外資系企業の企業看護師になるには!?

→看護師求人サイトランキングはコチラ

病院やクリニックに勤務する以外に、企業に勤める看護師さんもあり、企業看護師と呼ばれています。この職業は看護師の間でも人気の職業の1つです。企業看護師は企業の社員となり、企業の健康管理室などに勤め社員の健康管理を行うか、製薬会社など医薬関係の会社に勤め、看護師の専門的な知識を生かして臨床検査や治験などに立ち会うなどの仕事があります。企業看護師の中には、日本の企業からの求人だけでなく、外資系の会社からの求人もあります。

外資系企業からの求人も、企業内の社員の健康管理を行うものと、製薬会社や医療機器メーカーなどに勤め、治験などで働く治験モニタリング担当者や治験コーディネーターなどの仕事があります。外資系に勤める場合と日本の企業に勤めるのでは何が違うのでしょうか。

まず、外資系に勤める場合は、ある程度の英語力は必須でしょう。社員には日本人だけでなく、外国人も多くいますので、コミュニケーションがとれることはとても大切なことです。逆に、英語が得意で英語を生かしたいという人には向いている職業です。

外資と日本の企業との違いは、外資のほうが圧倒的に離職率が高いということです。外資の場合、定年までいて高額の退職金をもらうということも少なく、実力主義の為、合わない人も多く、短期間でやめてしまう人も多くいます。そのため、企業看護師といっても、日本の企業と外資の企業では待遇が違うという事を踏まえて求人に応募する必要があります。

そのような外資の就職はどうやって見つけるのでしょうか。外資の企業の場合は、一般の従業員の中途採用が多く、空きがあった時に募集がかかります。そのため、募集がかかるまで辛抱強く求人を探し続ける必要があります。やはり看護師を専門にあつかう転職エージェントを利用するのが一番です。転職エージェントに登録し、サイト内の求人を検索して探すか、また、登録した後はキャリアコンサルタントに相談しておきます。キャリアコンサルタントに希望を伝えておけば、自分にあった求人を非公開の求人の中から紹介してもらえます。転職エージェントは、実は非公開の求人を多く抱えていて、非公開の求人のほうが条件が良いことが多いんです。また、多くの人が応募をしてこないため、競争率も低くなり、自分に合うとして紹介をされているので、合格率も自ずと高くなります。

転職エージェントの中には外資系に強いところなどもありますし、エージェントによって特色が様々なので、複数登録したほうが良い求人に出会えるチャンスがあります。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師