企業看護師の面接のコツ

→看護師求人サイトランキングはコチラ

企業看護師の採用面接コツの第一歩は、何といっても、看護師の転職支援サイトに登録して、そこのコンサルタントと話し合うというアクションです。従来の方法のように、看護師個人だけで求人情報見つけて、面接に行く方法もあります。

それなりに面接官から質問されるであろう項目を想定したり、答えを用意はするかと思いますが、結構自分の思っていた質問とは違った質問をされた場合があります。ただでなくても緊張しているのに、とっさに対応できるかどうか?多分に個人の資質によるかと思われます。臨機応変に、ハッタリでも利かせられるならば別ですが。

案外難しいのが、雇用条件についての交渉です。本当はもう少し休みが欲しいと・給料が高いほうがいいとは思っていても、多くの人は面接の場で、そのとおりには言えませんよね。妥協したままで面接をクリアしたとしても、その後働き続ける中で、ほころびが出てくる場合もあるとか思われます。

看護師の転職支援サイトでは、コンサルタントが多くの看護師を見てきた経験を生かして、個人に合わせた面接対策を行ってくれますから、心配要りません。コンサルタントのアドバイスを頼りに、採用に結びつく面接対策をねっていけます。看護師の転職支援サイトには、面接にコンサルタントが同行してくれる場合も。ですから、自分からは言いにくいような雇用条件もコンサルタントがかわって交渉してくれるのです。面接の前にあらかじめ、ある程度双方の提示する条件を了解してからの面接となるので、ほとんど顔合わせという場合も。看護師個人で応募して面接に行くよりも、採用されやすいのがわかりますね。

企業診療所の募集は、現在の所ほとんどが看護師資格だけでは、だめなようです。プラスアルファである保健師の資格に変わっています。健診のシーズンですからですね。病院の看護師としての勤務がきつくて、企業看護師への転職を考えるケースが多いです。が、大手は保健師のみが多いです。だから、それ以外の企業を狙うのもいいです。病院の看護師として勤務した経験、すなわち急性期・慢性期あらゆる患者様の経験を活かして、一見健康そうな社員の、隠れたの変化を早期発見できるなどのアピールをするしかないですね。循環器疾患・糖尿病看護の経験から、生活習慣や血糖管理のアドバイスができる。外科看護の経験から、救急救命処置に対応できるなどです。間違っても、楽したいから、とは言ってはいけません。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師