工場の企業看護師求人情報

→看護師求人サイトランキングはコチラ

労働基準法改正後、従業員の健康管理に対して会社がすべき対策の基準が厳しくなりました。労働災害などを防ぐため、工場内に医務室を設置し、看護師・保健師を常駐させる工場が増えてきています。ですので、工場内の医務室勤務の看護師求人も増えてきています。

一口に工場の企業看護師とは言っても、雇用形態は様々です。パート・契約社員・派遣社員・正社員などです。全体的な傾向として、工場の企業看護師は派遣社員が多く、正社員の募集は、あったとしても稀です。工場の企業看護師求人自体が、人気があるので倍率が高いです。ですので、看護師転職支援サイトに登録してください。工場の企業看護師の求人の多くは、非公開求人だからです。加えて、企業看護師の求人があればコンサルタントに連絡してもらうようにしておきましょう。

大きな工場が、大都市近郊にたくさん出来てきていた頃は、条件が良かったです。正社員で、9:00-17:00勤務で、給与は月給20万円。ボーナスは年に2回。休日は工場と同じで、土日祝や夏季休暇、年末年始休暇があります。あるいは、入社して6ヶ月間は派遣社員として働き、その後正社員になる工場もあります。企業の医務室などとは違って、保健師の免許もしくは経験が不要になっているのも特徴です。つまり、ハードルが低いのです。病院看護師から企業看護師に転職したいという人には、正社員枠があればいいのではないでしょうか。

企業看護師の仕事は、看護師の仕事のほかに、健康診断、健康相談などの他に、事務もありますので、パソコンのスキルは必須です。工場で働いていると、どうしてもケガをするリスクが高くなります。そのため、ケガの応急処置ができる看護師が必要になってくるのです。また、夜間も動いている工場の場合は、夜間勤務中のケガの処置も必要になります。そう、夜勤があるのです。ですので、外科系の臨床経験があり、労働災害の知識があれば、アピールポイントでしょう。さらに、労働環境の改善・従業員の健康管理のアドバイスができれば、かなり有利です。

工場の企業看護師求人は、少ないです。工場の企業看護師求人と銘打つのではなく、いったん本社での企業看護師求人としておいて、工場の企業看護師として工場の医務室勤務に配属先される場合も。だから、本社勤務でOLみたいだと思っていたら、郊外の工場でがっかりという人もいます。最初から工場の企業看護師がいいと思っているのなら、いいですが。その逆もありです。景気が不安定で、業績もバラバラな今、なかなか希望どおりにいきません。

看護師求人サイト人気ランキング
ランキング1位 ナースフル
ランキング2位 ナース人材バンク
ランキング第3位 マイナビ看護師